名古屋の映画好き社長のblog −「映画観てる?映画を観れば幸せになれる!」−

仕事より映画を優先してしまう(?)名古屋で働く、炉鳩(ろばと)が映画案内を中心に毎日更新しているブログです。

野球/ベースボール

国技"野球"の危機だと捉えてほしいです。

仕方ないと思います。
女子ソフトボールチームの悲願の金メダル獲得と野球日本代表チームの差をうんぬん言われることは。
(ちなみにワシは監督名をつけた、○○ジャパンという言い方は大っ嫌いなので、
星○ジャパンなんて言いません。あしからず。やっているのは監督ではなくて選手なのだ!)


星野監督は
「選手はよくやっている」と言います。

それはそのとおりでしょう。
だったら、そういう監督に表立ってもらいましょう。

元々この監督に批判の声が週刊誌などマスコミからあがらないのが不思議で仕方なかったのですが、
今回の結果を受けて、果たしてソレは変わってくれるのでしょうかね?

マスコミに批判されないというのも、楽天イーグルスの野村監督の言う
「星野は政治力がある」というウチのひとつなのでしょうかね?

コーチ陣の人選(安倍前首相がお友達内閣と批判されましたが、
今回の野球日本代表チームのコーチ陣こそ、まさにお友達内閣ですわな。同窓会かってぇの)、
代表選手の人選、そして、監督の選手起用(采配)。

全てに問題アリだった今回の日本の野球代表チーム。

日本の"国技"である野球の、今回の大惨敗をもっと日本の野球界は重く受け止めてほしいと思います。


ちなみに今の日本球界で代表監督にふさわしい人と言うと、
実績から言えば、野村監督か、中日ドラゴンズの落合監督くらいではないでしょうかね。

来年の春には2回目のWBCが開催されます。
星○監督には退任してもらって、ぜひ、次期代表監督には今回の捲土重来を期待したいと思います。

野球に関して言えばオリンピックより高校野球の方が遥かに面白い

高校野球、夏の甲子園大会は昨日大阪桐蔭高校の優勝で幕を閉じましたね。

今年は北京オリンピックと重なったこともあって、
例年と比べてマスコミでの露出が少なかったですし、
ワシもこのブログで取り上げることがなかったですが、
しかし少なくともワシには、昨年よりも見所が多かった、面白い大会でした。


今年の一番の特徴は、打撃戦、つまり、大量得点を取る試合が多かったことだと思います。


決勝戦の大阪桐蔭×常葉菊川の試合は17対0という、一方的な試合でしたし、
敗れた常葉菊川だって、智弁和歌山戦では13点とっているし、
智弁和歌山だって、1イニング3ホームランして2桁得点取って勝っている試合があったし、
ベスト4になった横浜高校だって、2桁得点した試合があったしと、
今年は打高投低の大会になりました。


今大会は、90回記念大会ということで、
通常より6校多い、55校が出場して行われたわけですが、
そこで負けずに頂点に立つという凄さ。


正確には、地区予選からたった1度の敗戦さえも許されないという高校野球は、
悪いけど、プロ野球はもちろん、今行われている、オリンピックでの野球よりも
遥かに面白いと思います。


オリンピックでの野球は、次回2012年のロンドンオリンピックでは競技から外されたわけですが、
参加チームが8チームしかない競技なので、オリンピックから外されても仕方ないと思います。


ワシは野球が好きで、今回の北京でも野球関係者は、
2016年にはオリンピック競技に野球を復活させようと、いろいろ活動を行っているようですが、

しかし、文字どおり、世界各国からの参加がない競技は、
見ていても興ざめするだけのツマラナイものだということが
今回の北京オリンピックを見て、かえって如実にわかってしまったというのが正直なところです。


野球は、メジャーなマイナースポーツなんですね。(悲)

山本昌投手、200勝おめでとう!

思えば今年はここまで、プロ野球の話題を書いてこなかった気がする。
理由は簡単、何の盛り上がりもないから。

しかしさすがに今日は違いますな。

今や、"ドアラ"で人気の(!?)
中日ドラゴンズの山本昌投手が、見事通産200勝を達成しました!!!

思えば、あのスピード、あの投げ方、
そして、入団後も泣かず飛ばずで、中日ドラゴンズに居るところが無かったから
お払い箱寸前の処置として出されたドジャース1A時代。

とてもじゃないが、今日の日を予想できませんでした。

よくぞ200勝してくれました。
今年の中日ドラゴンズはコレだけで良しとしておきます。

野茂英雄投手、お疲れ様でした。

とうとうこの日がやってきてしまいました・・・

野茂英雄投手が引退を発表しました。

野茂英雄











ショック!!!
です。



スポーツ選手にとって、いつかは通る道だとアタマではわかっているんですがね・・・

再三このブログで書いてきましたが、
野茂英雄投手は、ワシの唯一の尊敬できる人物です。

ナゴヤ球場でナマで全盛期の野茂投手を何度も観られたのが
最高の思い出です。


今まで何度も励まされました。

ありがとうございました。


すみません、今日はショックでこのくらいにしておきます。

選抜高校野球は、沖縄尚学が9年ぶり2度目の優勝

沖縄尚学選抜優勝 遅くなりましたが、選抜高校野球は沖縄尚学が、9年ぶり2度目の優勝を遂げましたね。

心なしか、前回の優勝時よりは盛り上がっていなかったように思います。

やはり前回は、『遂に沖縄県代表が優勝できるようになったんだ!』 という思いが強くて注目が高かったのですが、今回は普通にイチ優勝シーンとして見られました。

 夏の大会では既に北海道代表でも優勝していますし、
もはや、地域でどこそこが弱いという見方は無いと思います。

 もっとも、野球留学で、純粋にその土地の子らがその土地の代表として甲子園出場しているというのは稀有なのですがね(笑)

それにしても、野球好きの、そして甲子園好きのこのワシが選抜の優勝に関してここまで書いていなかったとは・・・

これもやはりだんだん野球への興味が無くなってきている証拠なのかも?
と我ながら思ってしまいました。

タバコを吸うな!とはサラサラ申し上げませんが

今日からプロ野球はセントラル・リーグも開幕しますね。

昨日は、ヤンキースの松井秀喜選手が結婚したとか、
桑田真澄投手が引退したとか野球ネタも賑やかになってきました。

そんな中で、東京ヤクルト・スワローズの本拠地神宮球場が新装され、
ダッグアウトから灰皿が撤去され、いよいよ禁煙化が進んでいるというニュースがありました。

ワシにとってみれば、未だに禁煙していないというのがそもそも疑問で仕方ない。
ましてやスポーツ選手なんて、一番喫煙が”そぐわない”のに!

先日、ランチに入った店が久々に禁煙でない店で、ワシの隣でバカバカとタバコを吸う奴がいて
辟易してしまった。

無論、飯は不味かったし、もう2度とその店には行かないというインプットが
ワシの中でされてしまったのである。

路上喫煙もムカつくし・・・
ご自身のお身体を提供して税金を払っていただいているという稀有な方々なので
喫煙家の方は尊敬すらしてしまうので、タバコを吸うなとはみじんも思っていないのですが、
とにかくワシの目の前ではタバコは吸わないようにして下さい。

よろしくお願いします。

野茂英雄投手は絶対復活します!

野茂英雄投手は絶対復活します!
野茂英雄投手が招待選手としてメジャーリーグのカンザスシティ・ロイヤルズのキャンプに参加して、3年振りのメジャーのマウンド復帰を目指しています。

日曜朝の某番組の、某ご意見番の某”喝”翁をはじめ、世間一般の目は
『もうダメだろう』
とか
『見苦しい』
『みっともない』
なんて思っているのが大方なんだろうけど、ワシは断言します。

野茂英雄は絶対復活する!と。


周りの声なんて、所詮は無責任でいい加減なもの。

ワシは絶対野茂英雄を信じています。
そして、そんな彼の姿を見て、ワシ自身の、今春から始まる新たな展開の励みにしていきたいと思っています。

素晴らしい野球日本代表監督

野球の日本代表が先日、来年の北京オリンピックの出場権を無事に獲得しました。
まずは第一関門突破といったところでしょうか。

ところでこの野球の日本代表監督様。
世間では理想の上司とかよく言われているところを見ると、やはり人気があるんでしょうが、どうもワシは気になります。

それは、あの話し方。

過去の代表監督だった、O氏やN氏はあんな偉そうな話し方はしませんでしたからね。
話し方って人柄が出ちゃうんで、しっかり気をつけたいと思います。

ヒトは自分に似た人を嫌うと言いますが、確かにワシも偉そうに話すことが多いんです。(ちゃんとわかっていますよ、印象悪いよなって。(苦笑))

『他人(ヒト)のフリ見て我がフリ直せ』
肝に銘じなければ!

コレを気づかせてくれた代表監督様には厚く御礼申し上げたいと思います。

中日ドラゴンズの日本一記念パレードを見てきました

中日ドラゴンズの中村紀洋と立浪和義今日は中日ドラゴンズの日本一記念パレードが名古屋市中心街であったので見てきました。

報道によると、55万人の人出だったそうです。
確かに、「英傑行列」(毎年秋に名古屋で行われる祭り)の時よりも
人が多かったように思いました。
昨年もあった優勝パレードよりも人出は今年の方が多いように思われました。

昨年同様、今年も素晴らしい天気で実に気分が良かったです♪

昨年もセ・リーグ優勝記念パレードが行われましたが、
優勝パレードは、毎年この時期の恒例行事にしてもらいたいものですな。

(写真は日本シリーズMVPの中村紀洋選手と、立浪和義選手)

天に召された、「神様、仏様、稲尾様」

稲尾和久氏プロ野球の西鉄ライオンズのエースだった稲尾和久氏が亡くなられました。
未だ70歳なら若いのに・・・

稲尾さんの現役時代はもちろん存知あげませんが、しかし、年間42勝や、年間最多登板数(当時)、それに何と言っても「神様、仏様、稲尾様」と言われた実績。
正に今のプロ野球では考えられない”鉄腕”だったことは容易に想像できます。

ワタシとしては、現在中日ドラゴンズの落合監督が現役当時、ロッテオリオンズで3度目の3冠王を獲得した年のオフ、当時のロッテオリオンズ監督だった稲尾さんが解雇された時、フロントを批判し、「だったらオレもトレードに出してくれ」と言って、中日ドラゴンズの牛島投手らとの1対4のトレードになったエピソードを思い出しました。

死んで惜しまれるのはいいですが、やはり生きているのが華ですよね。

稲尾さんのご冥福をお祈りいたします。
こけももさん4コマ
映画情報
だいたい時計
最新コメント
最近のトラックバック
印象に残る保険会社のCM (名古屋の映画好き社長のblog −「映画観てる?映画を観れば幸せになれる!」−)
今日は郡上までドライブに
『パーフェクト・ストレンジャー』も悲劇の男のお話 (名古屋の映画好き社長のblog −「映画観てる?映画を観れば幸せになれる!」−)
一番怖い映画『ウィッカーマン』
MINI COOPER WORKS
フレッツ、ココがいいんです
カウンタ
謝り美人

ダイアリー・オブ・ザ・デッド
人文字時計
赤い糸
秘書
iQ
ただ今の時間は...
デル株式会社
映画サウンドトラック
ジョニー・デップ
トム・クルーズ
トム・ハンクス
ティム・バートン
スティーブン・スピルバーグ
ブラッド・ピット
クリント・イーストウッド
ブルース・ウィリス



  • ライブドアブログ