名古屋の映画好き社長のblog −「映画観てる?映画を観れば幸せになれる!」−

仕事より映画を優先してしまう(?)名古屋で働く、炉鳩(ろばと)が映画案内を中心に毎日更新しているブログです。

政治

第92代総理大臣 麻生太郎はいつまで続く?

今日、麻生太郎・自民党総裁が、第92代の総理大臣に就任しました。


まずはなんてったって、吉田茂元首相の孫っていうのが凄いですわな。


この後、国会はどういう流れになるかはわかりませんが、

いずれにせよ、衆議院議員選挙がすぐに控えていることは間違いないです。


なので、選挙の結果如何によって情勢も変わるでしょうが、

仮に選挙後も自民党が政権を担うことになり、

引き続き麻生氏が総理大臣をやることになったら、

お願いですから、また9月に

「総理、辞〜めた!」

と、投げ出すようなことだけはしないようにしていただきたいですな。


そんなアホなこと、恒例行事にしてもらっては困ります。

毎度おなじみ、総理の職場放棄です

福田首相が辞意を表明しました。

昨夜の会見をナマで見ていましたが、
どんな"言い訳"をしようと唐突で、
安倍前首相と同じ、投げ出した感(=職場放棄)は否めませんな。

「またかよっ」って呆れるばかりです。


権力者が何年も居座るのも問題でしょうが、
しかし、総理大臣の職場放棄が年中行事なのも問題ですわな。

総理大臣職を名誉職と勘違いしてるんでしょうかね、政治家のみなさんは。
「政治家になって、総理大臣にもなったし、自国のサミットも経験できたので、
もう辞めようかな」って感じなんですかね?


またこれで政局は混乱し、メディアも振り回されるのでしょう。

こんな話題より、今日負けてベスト8入りは逃しましたが、
錦織圭選手の活躍といった爽やかな話題をたくさん見たいものです

夏のイベント後は切ないですな

テレビがようやく通常番組モードに戻ってきました。

と同時に、また政治の話題がうるさくなってきそうです。

話題になるのはいいのですが、その内容が相変わらずの低レベル・・・

政治の話を忘れさせてくれたオリンピック期間中は、つかの間の至福のときだったということですね。

明日、日本・長野でも北京オリンピックの聖火リレー

明日、日本でも長野で北京オリンピックの聖火リレーが行われるというので、
今朝は、その種火が入国するところから、長野入りするまでを
各社テレビ局が生中継するなど報道が賑やかです。

善光寺が出発地点を辞退するなどしていますが、
日本ではそんなに心配するほどの問題は起きないんじゃないの?って思っているんですが
どうなるのでしょうかね?

いずれにせよ、平和の聖火リレーが、一転して厳重警戒態勢の下で行われている、
異常事態の今回。

一番見事なのは、今回改めてですが、
世界から叩かれても、それを愛国心を煽る場に変えてしまう中国のしたたかさですな。

どうか弱者の立場に立って判断して下さい

山口県光市で1999年4月、母子を殺害したとして殺人と強姦(ごうかん)致死罪などに問われた
当時18歳の元少年(27)に対する差し戻し控訴審の判決公判 がありましたね。

広島高裁は求刑通り死刑を言い渡しました。

マスコミはわぁわぁと取り上げていますが、まずは極々当たり前の正常な判決が出てホッとしています。

「前例になるから死刑にはしてほしくない」
と、この殺人者の元少年は言っていたと言いますが、ともかく、

お願いですから、どうか、どうか、
弱者(被害者)の側に立った法律、政治の国・日本であってほしいです。

犯罪者は、たとえば「(”やれ”という)声が聞こえた」とか、
「誰でもいいから殺してみたかった」いった理由にせよ、
犯行の理由があるのでしょうが、被害者に落ち度は全く無いのですから。



正直者がバカを見る世の中、
不正がはびこる世の中、
権力のあるものが濡れ手に粟で貪り食う世の中。

こんな世の中でなく、
キレイごとでしょうし、必ずしも結果は結びつかないこともありますが、しかし、
頑張った者が報われる世の中であってほしいのです。

おカネをくれ!と言う前にやることがあるでしょうが

昨日は家族サービスでお花見に行ってきました。

暫定税率の期限切れによりガソリン価格値下がるだろうとの報道があった後、
だったらお花見でドライブに行くついでにガソリンを給油しようと、
4月に入ってから待ちに待っての最初の週末だったわけです。

やはり同じ考えをもっていた方が多かったようで、今週末は、
ガソリンスタンドで給油してお花見をしにドライブする。
という行動パターンの日本人が多いようですね。


それにしてもこの暫定税率の問題に限らず、
いつも税金の、というか、我々国民が搾取されるおカネについては、
当たり前ですが我々の関心は高くなりますが、
搾取される側の言い分は簡潔でわかりやすいものですよね。

つまり、
「税金を払わないとは言っていない。
 なるほど少子高齢化で大変なのだろう。
 しかし、『おカネが無い、だから税金上げます。』の前に、無駄な出費を見直すのが大前提だろうが!」
ということ。

国の、政府の、お役所の姿勢からは、
ど〜してもその支出を見直していますというのが見えてきません。

ただただ『あなたたちからおカネをむしり取ります』という姿勢しか見られないから
国民は反発しているのにね。
(ひょっとして、その反発しているのだというのもまた見えていないのかもしれませんな)

映画『靖国 YASUKUNI』の上映が自主規制により中止となりましたが

中国人監督が制作した映画『靖国 YASUKUNI』の日本での上映が中止になっています。

最終的には映画館の決定に拠る自主規制なのですが、
しかし、それ以前に国会議員向けの試写会が開かれていたという事実があると、
どうしても、そこからの圧力があったんじゃないの?と勘ぐってしまいます。

繰り返しますが、実際は、映画館が、
「周りに迷惑がかかるから」
という判断の下に行われた自主規制なのですが・・・


いずれにせよ、こんなことでは、たとえば中国に
「もっとチベットに対する報道を隠さずにオープンにするべきだ!」
なんてことが言えないじゃないですか。

「お前んとこも表現の自由に対する規制してるだろっ!」
っていう突っ込みが返されてしまうだけですから。


映画『靖国 YASUKUNI』を観た人によれば、
特別な1日=8月15日を、淡々と、その場の生の音声を拾う記録モノの映画だったということです。

外からの眼により、知らされるということもあります。
黒船襲来もそういうことです。

もっと、広く大きな視野で何事も観た方が良いと思うのですがね。

話題は花粉症から中国へ

花粉症の症状が無くなるならいくら支払うか?という調査(グラクソ・スミスクライン調べ)によると、
平均して、

花粉症から開放されるなら33万円支払っても惜しくない


という結果になったそうです。
う〜ん、ワシもそのクチかな。

この4,5日は急に暖かくなってきましたが、それに比例してか、花粉も凄まじく飛んでいるようで、
しかも報道によると、今は中国からの黄砂とのミックスになっているらしく、
そのせいか、純粋な花粉よりもタチが悪いそうです。

でもって、ワシも案の定、目が痒いし、外に出た瞬間、鼻が垂れはじめます。

そう、ワシもしっかりと花粉症なのです!(泣)


ところで黄砂と言えば中国ですが、その中国、黄砂、食品などいろんなことの元凶となっていますが、
今一番ヒドイのはチベット問題ですな。

天安門事件の時と同様、情報操作をし、今回も国内には何事も無いような報道をしているし、
今、YouTubeなど、ネットでも今回のチベットでの弾圧の様子(映像)が見れないようなことになっているように
しているみたいです。

世界最悪番付というのがあれば、最近大人しいですが、東の北朝鮮、西の中国と言ったところでしょうか。
独裁者の居る国はもちろん、一党支配というのも独裁国家になりますわな。

中国と言えば、今年は何と言っても北京オリンピックですが、
今回のチベット問題をはじめ、大気汚染の影響などもあり、
イタリアの世論調査によると、なんと回答者の96.1%ものヒトが、
北京オリンピックのボイコットを支持しているそうです。

4年に1度ということや、政治とスポーツは別物という考えは確かにそのとおりですが、
しかし今の中国には、あまり良い印象を持てないというのは間違いないところです。

もっとも翻って日本は、日銀の総裁が空席になることが確実な情勢だとか。
まぁ、政治を言えば、日本も中国とは別の意味でいい勝負ができる立場なのですがね。

ア○なシー・シェパード

シー・シェパードとかいう過激な環境保護団体の船が
日本の調査捕鯨船に劇薬の詰まった瓶を投げつけるなどの妨害攻撃を加えているそうな。

捕鯨に関しては、日本は真っ先にその攻撃対象として格好の標的にされますが、
こうした際に出る動物愛護団体などの言い分がワシにはわからない。

中でもヒドイのが
「鯨は知能が高いから殺すな!」っていうもの。

コレって所詮人間のエゴですがね。
知能が高いから殺すなってことは、知能が低ければ(殺して)いいのか?
知能が高い低いって人間が決めていることだし、
そもそも、動物の生き死にを勝手に決めている人間っていったい何様なの?

捕鯨で言えば、そもそも日本は、鯨の数を調査する、調査捕鯨なのに、それを攻撃してくる輩がいるということは
日本叩き以外の何物でもないし、もっと言えば、政治的、あるいは、日本を嫌いな連中の格好な日本叩きの場として使われているだけとしか思えないのである。

不要な動物虐待はワシはもちろん許せないが、
そもそも「わたしは動物を殺すのは可愛そうだからベジタリアンなんです」
なんていう奴もバ○としか思えないのである。

動物は食べちゃいけないけど、植物はいいのか?ってこと。
いずれも生(せい)あるものなのである。
「○○は食べてもいいけど、××は食べちゃダメ」
なんていうのは、そいつのエゴである。

そもそも人間と言うのは、動物・植物限らず、他の生き物を食べないと生きていけない生き物なのである。
これを仏の世界では業(ごう)と言いますが、だからこそ、生き物を敬って生きていかなければいけないのである。
そこを認めずに生き物の生き死にを言うのはただの感情論に過ぎず、それは全く意味がないことなのである。
と思っています。

オバマ氏と小浜市

今、福井県小浜市が盛り上がっているらしい。

ご存知アメリカ大統領選で民主党候補でヒラリー・クリントン氏と激しい指名争いをしているバラック・オバマ上院議員と同じ”おばま”という名前だけで、小浜市が”勝手に”オバマ氏を応援して盛り上がっているというのです。

オバマ氏と小浜市

くだらないけど、しかしこういうノリがワシは大好きです(笑)
こけももさん4コマ
映画情報
だいたい時計
最新コメント
最近のトラックバック
印象に残る保険会社のCM (名古屋の映画好き社長のblog −「映画観てる?映画を観れば幸せになれる!」−)
今日は郡上までドライブに
『パーフェクト・ストレンジャー』も悲劇の男のお話 (名古屋の映画好き社長のblog −「映画観てる?映画を観れば幸せになれる!」−)
一番怖い映画『ウィッカーマン』
MINI COOPER WORKS
フレッツ、ココがいいんです
カウンタ
謝り美人

ダイアリー・オブ・ザ・デッド
人文字時計
赤い糸
秘書
iQ
ただ今の時間は...
デル株式会社
映画サウンドトラック
ジョニー・デップ
トム・クルーズ
トム・ハンクス
ティム・バートン
スティーブン・スピルバーグ
ブラッド・ピット
クリント・イーストウッド
ブルース・ウィリス



  • ライブドアブログ