名古屋の映画好き社長のblog −「映画観てる?映画を観れば幸せになれる!」−

仕事より映画を優先してしまう(?)名古屋で働く、炉鳩(ろばと)が映画案内を中心に毎日更新しているブログです。

訃報に際して

緒形拳さんの訃報に際して

俳優の緒形拳さんが亡くなられました。

あまりにも唐突な死で驚いたのはワシだけではないでしょう。


死因などは不明ですが、実は数年前からがん(肝臓がん)を患っていたという報道もあります。

あさって10/9(木)からは最新作のドラマも放送開始という直前の悲報でした。


数年前からがんだったということは、これまでおそらく投薬などの治療をしていたと思います。
それをみじんも見せずに亡くなる直前の先月まで仕事をこなしていたという
緒形拳さん姿勢が凄いです。


役者としてはワシが何か言うのもおこがましいくらいで
誰もが認める名優ですが、演技力だけでなく、
仕事に、そして周りに対する姿勢がまた、素晴らしいです。


ワシは普段から、いつ死んでもいいようにという思いで
仕事や生活に対しているつもりなのですが、
果たして本当にそれができているのだろうか?
果たして緒形拳さんのようなカッコいい生き様、
または、死に様ができるだろうか?

と思っています。


緒形拳さんのご冥福をお祈りいたします。

赤塚不二夫さんが亡くなられました。

漫画家の赤塚不二夫さんが亡くなられました。

『天才バカボン』『おそ松くん』『もーれつア太郎』など、
数々のギャグ漫画を産み出した天才ですね。

あの『トキワ荘』のメンバーで、石ノ森章太郎さんや藤子不二雄さんらと腕を磨いて、他のメンバーに負けずにヒット作を連発したわけです。

たとえ作品の名前は知らなくても、
赤塚漫画のキャラクターは知っていることでしょう。

バカボンのパパ、ニャロメ、ウナギイヌ、レレレのおじさん、
イヤミ、チビ太、デカパンなどなど。

挙げればキリがありません。

もっと言えば、キャラクターの名前は知らなくても、
それらのキャラクターを見たことはあるはずですね。

bakabon_01.jpg


また、こうしたキャラクターの多さと同時に、
「これでいいのだ」「シェー」「ダヨーン」などの
流行語も数多く誕生させました。

今やアニメ大国と言われる日本ですが、
これだけのナンセンスギャグ漫画を産み出せる漫画家は
今後2度と出てこないと思います。


赤塚不二夫さんのご冥福をお祈りします。

市川崑監督死去

昨日は当初「ライラの冒険 黄金の羅針盤」を観に行く予定でしたが、(ワシではなく家族ですが)風邪をひいたので断念しました。
夜遅く帰れないのでね。

ただ、すごく残念でした・・・


ところで映画と言えば、市川崑監督が死去されました。
年齢からすれば92歳なので、大往生といえるでしょう。

ワシにとって市川崑監督と言えば、やはり金田一耕助シリーズ ですね。
ユーモラスな場面を含めたストーリー展開も好きですが、
独特のカットを含めた映像に毎回観るたびに、
ストーリーとは別に”ハッ”とさせられることが多くて刺激を受けました。

それから「木枯らし紋次郎」も 市川崑監督だったとは知りませんでした!
あの作品もとても印象に残っています。

市川崑監督の影響は日本映画に多大だったです。
ありがとうございました。

ロイ・シャイダー氏死去

ジョーズでのロイ・シャイダーロイ・シャイダー氏が亡くなりました。

間もなく開催されるアカデミー賞にも、「オール・ザット・ジャズ」「フレンチ・コネクション」などで、主演男優賞、助演男優賞にノミネートされた名優です。

その他にも「2010年」「ブルーサンダー」など、幅広いジャンルの映画に出演していていましたが、ワシの世代に一番印象に残っているのは、やはり「JAWS(ジョーズ)」「JAWS(ジョーズ)2」の警察署長ですな。

あと個人的には、もう何十年も前にオンエアされたニッカウイスキー(だったと思います)のCM。

大写しにロイ・シャイダー氏がウイスキーを飲んでいる画が流れて、最後に
「I'm a boy ay  heart」
という彼のセリフ。

まだまだガキだったワシは、そのシブさに惹かれました。

ロイ・シャイダー氏を偲んで、近々「JAWS(ジョーズ)」あたりをテレビでオンエアしてくれないかなぁ



ご冥福を祈ります。

ショック!ヒース・レジャー急死!!!

ブロークバック・マウンテン』で高い評価を受け、以後『カサノバ』『キャンディ』間もなく『アイム・ノット・ゼア』も公開され、さらに『バットマン ビギンズ』の続編にあたる『ザ・ダーク・ナイト』(原題)で、ティム・バートン監督作品でジャック・ニコルソンが演じたジョーカー役に出演が決まっている などしていた若手有望株のヒース・レジャーが自宅で亡くなりました。

まだ28歳なのに・・・

ヒース・レジャーはベッドで裸で寝ており、そばには睡眠薬が落ちていたらしいです。
自殺かどうかはわかりませんが、ただただショックです。

ブロークバック・マウンテン

天に召された、「神様、仏様、稲尾様」

稲尾和久氏プロ野球の西鉄ライオンズのエースだった稲尾和久氏が亡くなられました。
未だ70歳なら若いのに・・・

稲尾さんの現役時代はもちろん存知あげませんが、しかし、年間42勝や、年間最多登板数(当時)、それに何と言っても「神様、仏様、稲尾様」と言われた実績。
正に今のプロ野球では考えられない”鉄腕”だったことは容易に想像できます。

ワタシとしては、現在中日ドラゴンズの落合監督が現役当時、ロッテオリオンズで3度目の3冠王を獲得した年のオフ、当時のロッテオリオンズ監督だった稲尾さんが解雇された時、フロントを批判し、「だったらオレもトレードに出してくれ」と言って、中日ドラゴンズの牛島投手らとの1対4のトレードになったエピソードを思い出しました。

死んで惜しまれるのはいいですが、やはり生きているのが華ですよね。

稲尾さんのご冥福をお祈りいたします。

ルチアーノ・パバロッティ氏死去

テノール歌手パバロッティ三大テノール歌手の一人と言われていたルチアーノ・パバロッティ氏が亡くなられました。

昨年当たりから体調が悪いというニュースを耳にするようになっていましたが・・・残念です。

一度はナマでその歌声を聴いてみたいという想いは、日本のビジネスマン(に限りませんが)に足りない、文化に対する造詣を深めたいと思うようになったここ数年強くなっていたのですが・・・

10年前、ここ名古屋にも、ナゴヤドームのこけらおとしとして「パバロッティ・イン・ナゴヤドーム」で来日していたんだけど、残念ながら当時は関心がなかったということでして・・・

「本物を知る」という意味でも、誠に惜しい方を亡くしたと思います。
もう、ナマでは叶いませんが、間もなく来る芸術の秋に、DVDなどでパバロッティ氏の歌声に触れたいと思います。

訃報を受けて

ZARDの坂井泉水さんが亡くなった。
松岡利勝農林水産大臣はは自殺を図って亡くなった。

という、訃報を目にしました。


「えっ!?」っという、惜しまれる死もあれば、
同情すらできないようなものもありますね。


誰か特定のものを指している訳ではございませんが。

やりきれない死

東京の東武東上線ときわ台駅で、線路に侵入した女性を助けようとした警視庁板橋署の宮本邦彦巡査部長が電車にはねられた事故で、重体だった宮本さんが残念ながら亡くなられた。

職務上、見過ごす訳にはいかなかったとはいえ、死にたがってる奴が生き残って、助けようとした人が亡くなるとは・・・

なんともやりきれないな

こういうことって、「仕方がないな」の一言で済んじゃう話なんだろうか
こんな虚しいことが2度と起きないように、何か変えれることってないのかな

こういう、正直者が馬鹿をみることが無くなる世の中にしたいよね。

インスタントラーメンの生みの親、日清食品会長の安藤百福さん死去

日清食品会長の安藤百福(ももふく)さんが死去された。
年齢から言えば、96歳で、大往生だったんでしょう。
しかし、残念ですね。

安藤百福さんは、戦後に食品事業を起こしたが、46歳には全財産を失う。

しかしその後、ラーメンの大規模工場生産という前代未聞のアイデアから産まれたビジネスを軌道に乗せ、「チキンラーメン」や「カップヌードル」が産まれ、それらは、20世紀最大の発明品とも言われました。

経営者としての安藤百福さんが尊んだのは独創性だったそうです。
他の追随を許さない独創を支えたのは好奇心と観察眼だそうです。


ワシなんか、安藤百福さんに比べれば、ビジネスしてる内に入らないんだけど、何とか今年、そういった姿勢でもって進んでいこうと、今、あらためて思っています。
こけももさん4コマ
映画情報
だいたい時計
最新コメント
最近のトラックバック
印象に残る保険会社のCM (名古屋の映画好き社長のblog −「映画観てる?映画を観れば幸せになれる!」−)
今日は郡上までドライブに
『パーフェクト・ストレンジャー』も悲劇の男のお話 (名古屋の映画好き社長のblog −「映画観てる?映画を観れば幸せになれる!」−)
一番怖い映画『ウィッカーマン』
MINI COOPER WORKS
フレッツ、ココがいいんです
カウンタ
謝り美人

ダイアリー・オブ・ザ・デッド
人文字時計
赤い糸
秘書
iQ
ただ今の時間は...
デル株式会社
映画サウンドトラック
ジョニー・デップ
トム・クルーズ
トム・ハンクス
ティム・バートン
スティーブン・スピルバーグ
ブラッド・ピット
クリント・イーストウッド
ブルース・ウィリス



  • ライブドアブログ