昨日、日本でも2010年サッカーワールドカップ南アフリカ大会出場に向けての予選が行われましたが、

その2010年サッカーワールドカップ南アフリカ大会の公式マスコットが先日発表されました。

2010年W杯キャラクター『ザクミ』














『ZAKUMI(ザクミ)』と言います。

『ZA』は、主に白人が話すアフリカーンス語で、
「南アフリカ(Zuid Afrika)」の省略形。
『KUMI』は、主に黒人が使用するいくつかの言語で、開催年の『10』を意味しているそうです。

『ZAKUMI(ザクミ)』はヒョウをモチーフにしており、
「アフリカの大会を表現する、ユニークで新鮮な動物として、
 勇気の象徴でもあるヒョウを選んだ。」
(2010年ワールドカップ南アフリカ大会組織委員会)そうです。

また同委員会は、
「ザクミは南アフリカの誇りで、アフリカ大会で初めて開催される
 ワールドカップの理想的な親善大使。
 彼は若く、活気に満ち、賢く、野心にあふれている。
 国や老若男女を問わず、大いに刺激を与えるもの」と期待を寄せています。

『ZAKUMI(ザクミ)』には誕生日("1994年6月16日")もあり、
これは、南アフリカで初めて全人種参加の民主化選挙が実施された年と、
反アパルトヘイト(人種隔離)運動の象徴とされる1976年の大規模抗議デモ
「ソウェト蜂起」の記念日にちなんだものです。


とりわけ治安の面で開催への不安が大きいようで、
ウラでは代替会場として日本にも打診があったようですが
(日本で開催なら、それはそれで個人的には嬉しいのですが)
ともかくアフリカ大陸で開催されるというのは意義が大きいことなので、
大会は未だ2年後ですが、しかしもう2年しかないとも言えます。

ぜひ成功して欲しいものです


それにしても、日本の出場は大丈夫ですよね?