ユニフォームを脱ぐ王貞治氏












文字どおり『ユニフォームを脱ぐ王貞治』です。

ワシは長島茂雄さんの現役は残念ながら覚えがないですが、
王貞治"選手"は鮮明に覚えています。

一本足打法
そして、数多くのきねんすべきホームラン、
714,5号、755,6号
中でも800号ホームラン。

あのころは熱狂していました。

まさにヒーローだった王"選手"でしたが、
助監督を経ての読売ジャイアンツ時代の王監督

ジャイアンツにおいて、5年で1度の優勝では全く評価されませんでした。

そして両雄並び立たずで追われるようにしてジャイアンツを去った後の
福岡ダイエーホークスでの王監督。

最初は卵をぶつけられるなど、
選手の時と違って、王貞治という評価を下げていました。

しかし、長年チームを率いた成果か、
その後はホークス(ダイエーからソフトバンク)を常勝チームに変えました。

それに何と言ってもWBCで世界一になった監督。
これがとても良かったですよね。

胃がんの摘出手術をしてからは、
元々似顔絵なんかで頬がこけて書かれるくらいだったのに、
いよいよやつれた感じで正直見られなかったので、
個人的にはユニフォームを脱いだことは良かったと思っています。

なぁに、ユニフォームを脱いだって、王貞治さんは野球から離れませんって。
世間もそんなことにする訳がない!

ワシにとって人生最初のヒーローである王貞治氏。
これからもまだまだ活躍されること期待しております。