少し古いねたですが、サッカー元ドイツ代表のゴールキーパー
オリバー・カーン選手の引退記念試合が先日行われましたね。

ワシはサッカーにはあまり詳しくないのですが、
しかしオリバー・カーン選手は、そのルックスと共に(失礼!)
強烈に印象に残っています。

欧州リーグや、ドイツ・ブンデスリーガでの活躍は知りませんが、
やはり2002年のワールドカップ日韓大会での
オリバー・カーン選手の活躍は凄みがありました。

正に"魂がこもった"プレーをしていました。

彼はこの大会でチームは準優勝でしたが、
しかし見事MVPに選出されました。

オリバー・カーン選手はこの引退記念試合で、
「これで私の人生の非日常的な部分は終わったが、
同時に何か新しいことの始まりでもある。」と語りました。

サッカー選手としては現役を終えましたが、
人生はまだまだ続きます。

こうした次のステージへの旅立ちが前向きな人はきっと大丈夫です。

ワシもわくわくした気持ちで日々過ごしたいと思います。

オリバー・カーン