映画『ハンコック』を観てきました。


ハンコック


今や一番"名前"だけで稼げる俳優=ウィル・スミスの主演映画ということで、
公開前からも宣伝にチカラが入っていたように見受けられます。

この映画『ハンコック』
一番の特徴は、正義のヒーローを更正させる。という展開。
心を入れ替えて、愛されるヒーローになるべく奮闘するという展開。

コレが今までのヒーローものにないコンセプトで面白いです。
ストーリーの前半を占める、この部分がまずは面白いです。

『ハンコック』が服役して、心を入れ替えて出所してきて
銀行強盗と対峙する際の、包囲している警官隊に向かっての
過剰なまでの「グッジョッ!(GoodJob!)」が可笑しいです。

ところで、映画『ハンコック』に対する大方の印象は、
はぐれヒーローもの(って、そんなジャンル自体"初")でしょうが、
後半は、『ハンコック』の謎が明らかになったり、
ラブストーリーになったりと、その展開の変わり様が、
意外だけど惹きつけられます。

単なるヒーローアクション映画でないのが魅力です。
この三連休中に、あるいは、来週も連休がありますが、
映画『ハンコック』をご覧になってはいかがでしょうか


追記
ところでこの『ハンコック』の上映前に
『ターミネーター4』と『007 慰めの報酬』の予告が流されました。
おそらく劇場では初めてではないかと思います。
(公式サイトでは既に観ていましたが)

これだけでも楽しめると思います。
(どこの劇場でも必ず観られるものなのかはわかりませんが)