漫画家の赤塚不二夫さんが亡くなられました。

『天才バカボン』『おそ松くん』『もーれつア太郎』など、
数々のギャグ漫画を産み出した天才ですね。

あの『トキワ荘』のメンバーで、石ノ森章太郎さんや藤子不二雄さんらと腕を磨いて、他のメンバーに負けずにヒット作を連発したわけです。

たとえ作品の名前は知らなくても、
赤塚漫画のキャラクターは知っていることでしょう。

バカボンのパパ、ニャロメ、ウナギイヌ、レレレのおじさん、
イヤミ、チビ太、デカパンなどなど。

挙げればキリがありません。

もっと言えば、キャラクターの名前は知らなくても、
それらのキャラクターを見たことはあるはずですね。

bakabon_01.jpg


また、こうしたキャラクターの多さと同時に、
「これでいいのだ」「シェー」「ダヨーン」などの
流行語も数多く誕生させました。

今やアニメ大国と言われる日本ですが、
これだけのナンセンスギャグ漫画を産み出せる漫画家は
今後2度と出てこないと思います。


赤塚不二夫さんのご冥福をお祈りします。