昨夜のNHK『クローズアップ現代』は、キャラクターをテーマにしていました。


去年の彦根城400年祭で、主役の彦根城より注目された『ひこにゃん』をはじめ、

今、各自治体が、いろんなイベント、さらには、その自治体自体の宣伝用にと

どこもかしこも地元キャラクターを作って、それが全国的なブームになっているというものでした。


確かにキャラクターによって距離を縮めると言う効果はあります。

他のものより低コストで製作ができ、しかもPRもしやすいという側面もあります。


しかし、何でもそうですが、どこもかしこもキャラクターを作り出すと、

ただキャラクターが居るというだけでは意味がなくなり、

やはりその後のプロモーション(売り出し方、宣伝の仕方)が重要になってくるわけです。


まだまだ地方初のキャラクターというのは増えていくでしょうが、

こうした点に注目してキャラクタービジネスについて見守っていきたいと思います。


ひこにゃん