名古屋の映画好き社長のblog −「映画観てる?映画を観れば幸せになれる!」−

仕事より映画を優先してしまう(?)名古屋で働く、炉鳩(ろばと)が映画案内を中心に毎日更新しているブログです。

2008年08月

保険を見直すというテもあります。

名古屋地区では以前、元中日ドラゴンズの投手、今中慎二氏が
『保険のことは、ようわからん』
と言っていたCMが流れていました。

しかしこれは、今中氏に限ったことではないと思います。
保険に対してこうした同じ思いをしている人は多いと思います。

それには、
「保険は複雑だから。」
「仕事が忙しいから。」
「保険はどれでも同じでしょう。」
「保険のことを詳しく聞ける人がいない」
といった理由があるのでしょう。

ワシも実は保険はよくわかりませんでした。
しかし、「R25」が「ライフネット」生命を動画で説明しているのですが、
これを見ると保険がわかります。

とりわけワシが印象に残ったのは、ライフステージによって必要な補償額が違うという点。
独身時代にはマネー情報雑誌などを見て研究して、安くて、保障もいい保険に入っていたので、それでよしとしていたのですが、結婚した今みると、改善の余地アリ!だという点。
進められたままに入る保険もどうかと思いますが、しかし、ほったらかしの保険も、
結局は変わりないくらい愚作というわけです。

ワシも保険はようわかりません。
いや、今は正確には、わかりません"でした"。

しかし今は「R25」のおかげで違います。

あなたも保険、一度見直してみてはいかがですか?


URLアドレス縦書きってヘンですよね

太宰治や夏目漱石といった和文学書の横書きされたものが"旋風"を巻き起こしているそうです。

和文学書といった昔の書はともかく、ビジネス書などは、
左開きの横書きの方が絶対読みやすいと以前から思っています。

縦書きの中に出てくる、英語などの横文字やサイトアドレスなどが
右に90度回転して縦書きにされているのって、明らかに不自然ですよね。

印刷所の設備が昔のままだからなのか知りませんが、
何か時代遅れな感じがして仕方がないです。
そういう観点からみると、『ペーパーバックス』の試みは好きですね。

在宅勤務は遠くなるばかり

今朝は昨夜の大雨でJRは新幹線も在来線も終日ダイヤが乱れていました。

朝の出勤は、名鉄が止まっているということもあってでしょう、
久々に通勤電車に乗りました。

通常と同じ出勤時間と電車でしたが、乗客は明らかに多かったです。
名古屋駅に着いただけで、どっと疲れがでてしまいました。

我々のような、いわゆるIT産業こそ、
在宅勤務などで、真っ先にこうした通勤ラッシュから開放される業種だと
10年程前のIT時代到来の時には思っていたのですが、
日本はやはり出勤しないと仕事をしていると看做さない古い会社が多く、
しかも、昨今の個人情報保護法によって、
情報を外に持ち出すことはまかりならんということで、
より、そうした在宅勤務が現実的でなくなってきているといった実態です。

こうしたITの実情を何とか変えたいという思いで仕事をしているのです。

ひどい大雨が降っています。

今、外は凄い雨です。

今年の夏は、この1週間くらい晴れ間が見えなくて雨がちな天気が続き、
何やらこれから梅雨がくるのかと思えるような天気でしたが、
今、外で降り続いている雨は、何ともひどいようです。

テレビを見ていても、JRの新幹線や在来線の一部や、
名鉄のほとんどの線が大雨によって運休しているようです。

もう一歩帰宅が遅かったら、
もう少し、雨の降りが早かったら、
家に帰ってこれなかったとこでした。

いやぁ、危ういとこでした。

世界的に9・11と言えば、2001年のアメリカ同時多発テロですが、
しかし、東海地方にとっては、8年前の9月11日の東海豪雨も忘れられない悪夢として
焼きついているのですが、正にあの再現になるところでした。

ツライときは無理しない

ワシはひどい肩こりです。
そのせいか、時々頭痛にもなります。

幸いひどいものではないのですが、
しかし、頭痛って、鼓動と同期する感じで、
ズキン、ズキンと凄く響きますよね?

なので、頭痛になると集中力に欠けて何をするにも難しくなります。
つらいのは、傍から見る分には、頭痛は何ともないように見えること。
これはツライ。


こういうことがあるので、
身体を含めて、精神的にも好調なときには
多少無理をしてでも、やれるだけやろうと思うわけです。

どんな人にとってもそうですが、
しかしワシらのような経営者や自営業こそ、健康が一番なのです。

気をつけたいと思います。

夏のイベント後は切ないですな

テレビがようやく通常番組モードに戻ってきました。

と同時に、また政治の話題がうるさくなってきそうです。

話題になるのはいいのですが、その内容が相変わらずの低レベル・・・

政治の話を忘れさせてくれたオリンピック期間中は、つかの間の至福のときだったということですね。

2016年はぜひ東京で

北京が終わりました。
2012年はロンドンです。
その次、2016年は東京でしょうか?


「オリンピックを開催すれば経済効果が期待できる。」
と言われますが、そんな理由ではなく、もっと単純に、
世界一を賭けた真剣勝負を、ナマで、目の前で見たい!
というシンプルな理由だけで良いと思います。


今回いろんな競技を観てあらためて思いました。

スポーツは良いなと。


2016年には、ぜひ東京でオリンピックを開催してほしいと思います。

マラソンは人生の縮図です

今朝は北京オリンピックの男子マラソンをライブで見入ってしまいました。

マラソンは走るだけと単純な競技ですが、
しかし2時間あまりの間に様々な駆け引きが見られ
とても好きな競技なのでついつい見入ってしまうのです。

マラソンは人生の縮図に思うのです。

今回は最初からハイ・スピードな展開でしたが、
見事にケニアのサムエル・ワンジル選手が金メダルを獲得しました。

マラソンで優勝したワンジル

ワンジル選手は仙台育英高校留学し、その後トヨタ自動車九州に進んだ、いわゆる「日本育ち」のランナーだったこともあり、また、ケニア初の男子マラソン金メダルということもあって親しみを以って応援しちゃいました。

それにしても今回のマラソン(男女含む)では、レースのスタートラインに立つことすら大変なのだということを思い知らされた大会となった気がします。
野口みずき選手、大崎悟史選手のレース前のリタイア。
土佐礼子選手の途中棄権。

準備の大切さ。
今までならソレは、準備不足にならないようにしよう。という意味においていわれた気がしますが、
しかし、準備し過ぎにより故障してしまっては、やはり元も子もないわけですから、
適度な準備の大切さ。
それれが教訓となった今回のマラソンだったような気がします。


いろいろ楽しませてもらった北京オリンピックは今夜閉会式を行って約2週間の日程を終了します。

ワシも他人(ヒト)に感動とは言いませんが、しかし、感謝される仕事をこれからも心がけていこうと思います。

健康診断行って来ました

今日は健康診断を朝イチから受けてきました。
やはり会社員でなく、自分企業をしていると、健康が一番ですから
こういうものを定期的に受けてキチンとしておくことも仕事の一環ですからね。

それにしても、
朝イチだというのに、待合室、中で受診待ちの人など、人がいっぱいだったのにはびっくりしました。

それにしても、我々は年に1回なので、たどたどしい感じでいろんな健診を受けに歩きまわりますが、
あれだけの大人数をさばいているサマを見ると、凄さを感じると同時に、ヘンな気味悪さも感じてしまいました。

朝イチだったので昼前には健康診断も終わったこともあって、
今日はこのあと溜まった仕事を片付けたいと思います。


3日前あたりから、急に涼しくなってきましたが、今日は雨で肌寒いくらいでした。
こんな時こそ、仕事をはかどらせるチャンスです!

幸い、オリンピック熱も冷めましたのでね
(オリンピックの野球は論外です。"幸いなことに"日本は結果も伴っていなかったので見ずに済みました)

国技"野球"の危機だと捉えてほしいです。

仕方ないと思います。
女子ソフトボールチームの悲願の金メダル獲得と野球日本代表チームの差をうんぬん言われることは。
(ちなみにワシは監督名をつけた、○○ジャパンという言い方は大っ嫌いなので、
星○ジャパンなんて言いません。あしからず。やっているのは監督ではなくて選手なのだ!)


星野監督は
「選手はよくやっている」と言います。

それはそのとおりでしょう。
だったら、そういう監督に表立ってもらいましょう。

元々この監督に批判の声が週刊誌などマスコミからあがらないのが不思議で仕方なかったのですが、
今回の結果を受けて、果たしてソレは変わってくれるのでしょうかね?

マスコミに批判されないというのも、楽天イーグルスの野村監督の言う
「星野は政治力がある」というウチのひとつなのでしょうかね?

コーチ陣の人選(安倍前首相がお友達内閣と批判されましたが、
今回の野球日本代表チームのコーチ陣こそ、まさにお友達内閣ですわな。同窓会かってぇの)、
代表選手の人選、そして、監督の選手起用(采配)。

全てに問題アリだった今回の日本の野球代表チーム。

日本の"国技"である野球の、今回の大惨敗をもっと日本の野球界は重く受け止めてほしいと思います。


ちなみに今の日本球界で代表監督にふさわしい人と言うと、
実績から言えば、野村監督か、中日ドラゴンズの落合監督くらいではないでしょうかね。

来年の春には2回目のWBCが開催されます。
星○監督には退任してもらって、ぜひ、次期代表監督には今回の捲土重来を期待したいと思います。
こけももさん4コマ
映画情報
だいたい時計
最新コメント
最近のトラックバック
印象に残る保険会社のCM (名古屋の映画好き社長のblog −「映画観てる?映画を観れば幸せになれる!」−)
今日は郡上までドライブに
『パーフェクト・ストレンジャー』も悲劇の男のお話 (名古屋の映画好き社長のblog −「映画観てる?映画を観れば幸せになれる!」−)
一番怖い映画『ウィッカーマン』
MINI COOPER WORKS
フレッツ、ココがいいんです
カウンタ
謝り美人

ダイアリー・オブ・ザ・デッド
人文字時計
赤い糸
秘書
iQ
ただ今の時間は...
デル株式会社
映画サウンドトラック
ジョニー・デップ
トム・クルーズ
トム・ハンクス
ティム・バートン
スティーブン・スピルバーグ
ブラッド・ピット
クリント・イーストウッド
ブルース・ウィリス



  • ライブドアブログ