名古屋の映画好き社長のblog −「映画観てる?映画を観れば幸せになれる!」−

仕事より映画を優先してしまう(?)名古屋で働く、炉鳩(ろばと)が映画案内を中心に毎日更新しているブログです。

2007年03月

早くもセ・リーグ首位(!)の中日ドラゴンズ

開幕2連勝の中日ドラゴンズ昨日開幕した、プロ野球セントラル・リーグ

今日、その開幕シリーズである、ナゴヤドームの中日ドラゴンズ×東京ヤクルトスワローズ戦に行ってきました。

今年の中日ドラゴンズでのワシの注目は、以前も書いたように、何と言ってもノリである。

昨日の同点タイムリーに続いて、今日もヒット2本と、一生懸命さが伝わってくる。
守備も安心して見ていられる。

願わくは、怪我をしないでほしいということだけだ。
怪我して、休むと
「やっぱり(ダメ)か!」
と言う奴が、中日ドラゴンズファンにも必ずいるからである。


今日の試合は、打線が繋がり、投手陣も零封するなど、
1年のうちでも、ベスト10に入ると思えるような完勝な試合だった。

欲を言えば、
・ホームランを見たかった。
・ウッズと谷繁が、未だ打率ゼロ(ノーヒット)と言うのが気掛かり
というのがあるが、これは本当、欲張りなファンの要望である。

とりあえず、開幕2連勝と最高の滑り出しをした結果に、
今宵は酔いしれていることにします。

黒だからかっこいい

ウィルコム 機瓧丕硲ワシはウィルコム(PHS)ユーザーである。

使い始めた理由は、『ウィルコム同士なら通話料無料』に惹かれたからなのだが、使っている機種がW-ZERO3(黒色)ということもあって、今では、データ通信やインターネットなど、通話以外の利用もやっていて、使い始めて2年くらい経つが、これまでのところ不満に思うことはないですな。

PHSは御存知のように、携帯電話に押されて、NTTなど、次々とPHSから撤退していき、いづれ無くなるのではないか?と言われた時代もあったが、ウィルコムは、他社が次々とPHS事業から撤退していき、自分のところがPHS事業でオンリーワン状態になったのを逆手にとって、次々と攻めに出て、今ではしっかりとコアな(ファンと呼んでもいいのではないかと思える)お客さんを掴んでいる。

そのウィルコムが、今また新たなキャンペーン
『I=PHS』
を展開している。

このキャンペーンでもそうだが、ウィルコムのサービスはわかり易いから好きだ。
今回の『I=PHS』キャンペーンも、その広告を見れば、ひと目でどんなサービスかわかる。

たとえば、
『息づかいも伝わるくらいの高音質。』という、コピー。
これなんかホントそのまんま。
PHS使っていない人にはわからないだろうが、PHSの方が、携帯よりも、そばで話している感じがする。

ウィルコムの人気のひとつとして、こうしたサービスのわかりやすさというのがあるのではないかと思う。
それから、ウィルコムの人気に、『シンプルである』ということも言えると思う。

ワシのPHSは黒だし、スーツも黒が多い。
黒って一番いろんなものにあわせやすいし、その上かっこいいよね。
クールともシャープとも言える。
だからワシは何かにつけて黒を好むのだが、
その黒を基調とした、今回の『I=PHS』キャンペーン。
このシャープさがまた、ウケる要因のひとつだと思うのである。

またまたリラックマ展開催

またまたリラックマ展開催昨秋、リラックマ展がJR名古屋高島屋で開催されたが、昨日(3/28(水))から、またリラックマ展が開催されている。

今回は名古屋三越である。

昨秋は3周年という大義名分(?)があったが、今回は普通に催しものとしての登場である。

まぁ、ハッキリ言って、昨秋と同じような内容だったのだが、それにしても平日の昼間というのに、コアなファンは足を運ぶんですなぁ
(ワシはコアなファンじゃないですよ、念のため ^^)

映画『007』最新作は、『007 カジノロワイヤル』の続編ですよ

今年の正月映画として公開された、『007 カジノ・ロワイヤル』ですが、
次回作は、『007』シリーズ22作目にして、初めての続編になるそうです。

これまでの007作品は、それぞれの作品が、単独のストーリーとして製作されてきました。

第22作は、ジェームズ・ボンドが、足を打ち抜いたところから始まるということですね。


主演のジェームズ・ボンドは、『007 カジノ・ロワイヤル』に引き続き、ダニエル・クレイグで、2008年11月7日に全米公開の予定となっています。

無理やりに節目を意識する

今、学生は春休み真っ最中だが、社会人になれば、こうした区切りは基本的には無関係。
ということは、得てしてダラダラと毎日を過ごし勝ち。

ワシなんか、ほかっておけば本当にダラダラ人生になるので(苦笑)
やはり定期的に節目を作って仕事、人生など諸々を見直さないといけないのである。

というわけで、この時期は年度末。

来年度からの体制をしっかり立てる時期というわけで、少し焦っておりますです。

備えておけば慌てないのですよ

昨日は目覚ましもかけずにゆっくり寝ていた。
しかし、地震で起こされた。

御存知のように、石川県・能登地方を震源とした地震で、今後しばらくは注意が必要なようですね。

人命被害としては大規模なことにならなかったことは幸いでしたが、
それにしても、この冬の暖冬がどうも気持ち悪いなと思っていたのだが、
やはり大地震でもくるんだろうか?

既に異常気象が異常でなくなってきつつある現代、いかなることが起きても慌てない心構えと物質的な備えが必要不可欠となっているのは言うまでもないことですね


貞子ではないが、
「きっと来る〜、きっと来る〜」
と思っておかないとね、何事も。

愛・地球博(愛知万博)開幕から、はや2年

2年前の今日、愛・地球博(愛知万博)が開幕しました。

あれから2年。
思えば2年前は雪がちらついていたっけ。


あの、会期中賑わった、愛・地球博(愛知万博)の会場跡地が、
愛・地球博(愛知万博)開幕2周年の今日、
愛・地球博記念公園(通称モリコロパーク)の第2期開園を迎えました。


未だ根強い、愛・地球博(愛知万博)人気
・・・って言うか、モリゾー&キッコロ人気

今や、愛・地球博(愛知万博)だけでなく、エコロジー(環境)のシンボルとしてのキャラクターにまでなってきたモリゾー&キッコロ。

今回も様々なグッズが売り出されていますが、とにかく、熱し易く冷め易い日本人のために、今後も、定期的に人間界に顔を出してきて、警鐘を鳴らしてほしいと思っています。

スポーツ!スポーツ!スポーツ!

今日行われたスポーツ

・プロ野球パ・リーグ開幕
・オシムジャパン2007年初戦
・世界フィギュアスケート選手権
・大相撲 朝青龍×白鵬
・選抜高校野球
・世界水泳・シンクロ
・前ライトフライ級王者亀田興毅のノンタイトル戦
・メジャーリーグオープン戦
・セ・リーグオープン戦

これは主なもの。
他に、女子ゴルフの宮里藍などのプレーもありました。

いやぁ、実に目白押しですなぁ!



ニュースを見れば、毎日誰かが殺されたか、お偉方が頭を下げている映像ばかり。
スポーツだけが拠り所といった感じで、実際、安藤美姫や、浅田真央なんかの演技と、その涙は素晴らしかった。だからこそ、西武ライオンズのような、裏でコソコソするようなことは腹正しく思えるんだよね。

選抜高校野球開幕、今大会は中田一色?

大阪桐蔭・中田選手春の選抜高校野球甲子園大会が今年も始まりました。

昨夏は、早稲田実業の”ハンカチ王子”こと斉藤投手と、駒大苫小牧の田中投手で盛り上がった甲子園でしたが、今春は、大阪桐蔭の中田選手が話題独占といった感じですな。

『清原・松井より凄い!』なんて見出しがあるから、てっきり打撃が凄いのかと思っていたら、なんとピッチャーとしても凄いらしいですな。


気が早いが、今秋のドラフトでは間違いなく1位指名される選手でしょうが、将来的には、『プロ野球史上初のエースで4番』っていうのになってほしいですな

『ターミネーター』の世界も現実に起こりうるかもしれないですよ

将棋のプロ棋士と最強ソフト「ボナンザ」のガチンコ対決将棋のプロ棋士が、最強の将棋ゲームソフト「ボナンザ」とガチンコ対決したというニュースがありました。

途中、コンピュータ側の方が形勢有利な場面もあったようですが、なんとか、プロ棋士側が勝利したようです。

対局した渡辺竜王は、
「もっと簡単に勝てると思ったが、想像以上に強くて驚いた。ずっと勝ち続けられる相手ではないでしょう」というコメントをされております。


よく思うのだが、映画(特にSF)の世界の話って、現実離れした、絵空事のように思えるのだが、実は、結構現実に起こりうる、近未来なことが多いと思っている。

例えばSF映画の古典となっている『2001年宇宙の旅』なんて、映画公開は1968年で、その当事は想像上の話としてしか思えなかったであろうが、現在では、スペースシャトルからの映像なんて、ニュースにすらならないようなレベルのものになっている。

だから今回の、人間の頭脳×コンピュータというニュースも、やがては、コンピュータの方が遥かにレベルが高くなり、やがては人間に対して反乱を起こし、そして、核戦争を起こす。
といった、映画『ターミネーター』(1984年公開)も、将来的には現実味を帯びてくる話になるかもしれないなと思ってしまうニュースでした。
こけももさん4コマ
映画情報
だいたい時計
最新コメント
最近のトラックバック
印象に残る保険会社のCM (名古屋の映画好き社長のblog −「映画観てる?映画を観れば幸せになれる!」−)
今日は郡上までドライブに
『パーフェクト・ストレンジャー』も悲劇の男のお話 (名古屋の映画好き社長のblog −「映画観てる?映画を観れば幸せになれる!」−)
一番怖い映画『ウィッカーマン』
MINI COOPER WORKS
フレッツ、ココがいいんです
カウンタ
謝り美人

ダイアリー・オブ・ザ・デッド
人文字時計
赤い糸
秘書
iQ
ただ今の時間は...
デル株式会社
映画サウンドトラック
ジョニー・デップ
トム・クルーズ
トム・ハンクス
ティム・バートン
スティーブン・スピルバーグ
ブラッド・ピット
クリント・イーストウッド
ブルース・ウィリス



  • ライブドアブログ