名古屋の映画好き社長のblog −「映画観てる?映画を観れば幸せになれる!」−

仕事より映画を優先してしまう(?)名古屋で働く、炉鳩(ろばと)が映画案内を中心に毎日更新しているブログです。

旅行にガイドブックはもう要らない

旅行で初めて訪れた土地に行く時、日本人なら「るるぶ」とか「まっぷる」、あるいは「地球の歩き方」、最近だとインターネットを駆使して、事前にその土地の情報を得て行くのが一般的ではないでしょうか?

例えば京都観光で西陣を訪れる場合、織物で有名だという情報はいずれからでも得られることでしょう。
であるなら、いっそのことそういった情報を事前に仕入れずに行っても面白いのではないのか?と思ってます。

実際は、現地に行ってその場で情報を得るということです。
その「現地で情報を得る」も、例えばiPhoneひとつ持っていれば、現地でセカイカメラを利用すれば、その場で情報を得ることができます。

今回、この動画を見て改めてその認識を強く思いました。



旅先でガイドブック片手に歩くと言うのは、一発でよそ者とわかりますから、治安の面でも辞めた方がいいのではと常々思ってます。

これからは、iPhoneひとつで旅先に行くというのも良いのではないでしょうか

忘年会の季節となってきましたな

忘年会の季節となってきました。
ワシの忘年会の思い出と言えば、会社勤めしていた頃の、義理での出席くらいしかないかなぁ。

実につまらん思い出ですな。
思い出と言うのも癪にさわるくらいです。

それも、場所もチェーン店の居酒屋とかで、新しい店を知るといった楽しみもないものだったなぁ。

メンバーがつまらなくても、せめて行ったことがない店とかで、自分にとって何か得るものがあれば、参加した価値があるというものです。
その時の幹事が何も知らなかったんだねぇ。

たとえば今なら、フームーでお店を調べるとか、テはあるよね。(フームーとは、ホットペッパーがリニューアルして生まれ変わったグルメサイトのことです。)

フームーでは、モバイルメルマガ「ぐるメール」に新規で登録すると、抽選で忘年会支援金100万円をプレゼントしてくれる(2009年12月23日までの期間限定)ので、幹事を任された人は、ここからお店を探すと喜ばれますよ。

パナソニックが三洋電機を子会社化

三連休中でビジネスモードが緩んでいる最中に
大きなニュース(とワシは思っています)が飛び込んできましたね。

パナソニックが三洋電機を子会社化するというニュースです。
これは大手電機メーカー同士の国内初の本格再編となり、
単純合計で年間売上高が11兆円を上回る最大の電機メーカーが誕生することを意味します。

どちらも本社は大阪で、しかも1キロくらいしか離れていない地域にあるとか、
あるいは三洋創業者の井植歳男氏と松下電器産業の創業者である松下幸之助氏とは
親戚関係にあるとか、井植歳男氏が松下幸之助氏の創業時から事業を手伝い、
のちに松下から独立して三洋を起こしたなど、何かと縁はあったようですね。

ただ、株式持ち合いなどの資本関係はなかったようですが。


金融や小売の統合・再編の波が電機業界にも波及してきたという感じですね。
アメリカではゼネラル・モーターズとクライスラーが共同出資するとか合併するとか言っていますし、
日本でもこのあと自動車業界や、あと、テレビ等のマスコミ業界で
こうした統合・再編の波が押し寄せてくると思います。

正に生き残りを探る時代となってきていることがわかります。

ウオッカとダイワスカーレット

競馬のG掬傾直沺秋が今日ありました。

結果はウオッカが1着、
2着がダイワスカーレット。
3着が今年のダービー馬ディープスカイ。

2008年 天皇賞・秋 ウオッカ





このウオッカとダイワスカーレットは強烈なライバル同士で、
実は戦跡ではダイワスカーレットがウオッカに先着しているのが多いのですが、
しかし何と言ってもウオッカはダービー馬という勲章があるので、
どうしてもダイワスカーレットの評価は戦跡以上になされていないように思えます。

競馬ファンでないと全然わからないでしょうが、
それにしても近年、これだけ同一レースで叩き合いを繰り返してきた
ライバルというのは珍しいです。

しかも牝馬(メス馬)同士というのが、凄いです。

今の競馬界の中心の2頭と言っても過言ではないでしょう。

個人的には、牝馬が競馬界の中心というのがナサケナイのですが・・・


いずれにしろ、その後のジャパンカップと有馬記念に向けて楽しみが続きますな(笑)

6度目の読売ジャイアンツと西武ライオンズの日本シリーズは今日開幕

今日からプロ野球は日本シリーズが始まります。

今年は無事に両リーグの優勝チーム同士の対戦という
至極当たり前の対戦となって、まずは喜んでおります。

さて、読売ジャイアンツと(埼玉)西武ライオンズの日本シリーズは、
今回で6度目の対戦で、
(過去の"西鉄"ライオンズなど、"西武"以外はこの場合除いています。)
今までライオンズの3勝2敗となっています。

内容はライオンズが1983,1987,1990年と3連勝したあと、
1994,2002年とジャイアンツが連勝して盛り返してきています。

やはりワシの世代には、
読売ジャイアンツと(埼玉)西武ライオンズの日本シリーズといえば
球界の"盟主対決"として、一番盛り上がる日本シリーズでした。

ワシ個人としては、やはり1983年の日本シリーズが一番印象に残っています。
読売ジャイアンツと(埼玉)西武ライオンズの、と言うより、
ワシの日本シリーズで一番の記憶に残るシリーズでした。

果たして今年の読売ジャイアンツと(埼玉)西武ライオンズの日本シリーズは
どんな結果になるのでしょうね。

ここにきて少し自分としてはプロ野球に対して盛り上がってきています♪

東武百貨店 池袋本店で『タツノコプロアートフェア』が開催されています。

東武百貨店 池袋本店で今日から
『科学忍者隊ガッチャマン・タイムボカンシリーズ ヤッターマン…
タツノコプロアートフェア』が開催されます。(11/5(水)まで)

タツノコプロといえば
『ヤッターマン』
『科学忍者隊ガッチャマン』
『新造人間キャシャーン』
『マッハGoGoGo』
『ハクション大魔王』

などなど、実に数々の人気アニメをたくさん抱えており、
1970年代を中心に、テレビでアニメ化されていましたね。

しかしその後、すっかりその影を潜めてしまっていたのですが、
ここ数年、あらゆるジャンルで"回帰"現象が起きていますが、
アニメの世界も例外でなく、
タツノコプロが所有するアニメが見直され、
昨今、またタツノコプロのアニメを多く眼にするようになってきました。

現在『ヤッターマン』などが放映されていますし、
2009年3月には実写映画『ヤッターマン』も公開される予定です。


今回の東武百貨店のイベントも、期間限定ということもあり、
賑わいを見せるのではないでしょうか。

ガッチャマン












写真は『科学忍者隊ガッチャマン』のオリジナル版画です。

和歌山電鉄貴志川線の駅長『たま』がもたらした経済効果

三毛猫の『たま』が和歌山電鉄貴志川線の

貴志駅の駅長に"就任"されたのは昨年(2007年1月)でしたが、
先ごろ、その『たま』が駅長に就任したことによる経済効果が
年間約11億円だという試算が発表されました。

たま駅長







電車の乗降を中心に、キャラクター関連グッズや、また沿線にお金をもたらしてくれた、
まさに招き猫なわけです。


この『たま』がブレイクしたその一因に、
ブログなどによるネットでのクチコミがありました。


今はどこから何がヒットするか予測が難しい世の中ですが、
逆に言えば、できることは何でもやっておかないと
損ですよ、ということだと思います。


キャラクターを作っただけではダメ。
その仕掛けが大切。
しかし仕掛けといっても、そんな大袈裟に考えなくてもよい。


そんなところでしょうか。

思っているだけは何もしていないということ。行動しなきゃ!

いつもいろいろ考えている。

だからワシにはメモ帳が必需品である。


机の前に居るときはもちろん、

出歩いているときも必ず持っている。


前は携帯電話にもメモ帳をつけていたが、

i-Phoneにしてからは、ストラップがつけられないので、

いつも肩掛けかばんを持ち、それにメモ帳をいれておくようにした。



まぁ、ああでもない、こうでもないといろいろ思いつくが、

思いついただけで居るのは、結局何もしていないんだよね。


つくづく『行動せにゃあ!』

そう思っている昨今です。

高橋尚子選手お疲れ様でした

女子マラソン選手で、シドニーオリンピック女子マラソンで
日本女子陸上初の金メダルに輝いた高橋尚子選手が現役を引退するとのことです。

高橋尚子引退













覚悟していたこととはいえ、大変残念です。
岐阜市民としても誇りでした。


しかし、彼女が残した功績は失せることはありません。
次の世代に必ず生かしてくれると思います。


まずはお疲れ様でした。


それにしても今年は例年にも増して
一線を引くという方が多いような気がします。

節目の年となっていますね。


寂しい気はありますが、だからこそ新しいチカラもでてくるのですから
それを楽しみにしていきましょう。

乗り越えるのは知恵でしょう

世界的に株価が下がっているニュースが連日騒がせています。

アメリカ発の株価安から、円高に波及してきて、
世界的な経済危機にまでなってきているというものです。


幸いウチは今のところ関係ないですが、
しかし、経済が悪いからウチも景気が悪いっていうのは
やっぱりおかしいと思う。

よく、政治に求めるものという質問に対して、
「景気を良くしてほしい」
という答えがあがるが、もちろん、政策により経済が良くなることもありますが、
しかしそんな他力本願でなく、どんな状況下でも知恵で乗り越えるべきなのだと思います。

逆に、すぐ
「景気が悪いから・・・」
なんて平気で、しかも、本気で言っている人は、
景気が良いときもそんなに儲かっていないと思うのですが
どう思います?

リーグ優勝チーム同士の日本シリーズになって良かったです

2008年CS優勝読売ジャイアンツ





プロ野球セントラル・リーグのクライマックス・シリーズも
"無事に"リーグ優勝チームの読売ジャイアンツが優勝を決め、
日本シリーズは同じく"無事に"リーグ優勝の埼玉西武ライオンズとの
組み合わせとなりました。

以前、中日ドラゴンズと北海道日本ハムファイターズの
リーグ3位同士の組み合わせを期待していたのです
が、
それは成りませんでした。

もっとも今回の、リーグ優勝チーム同士の日本シリーズというのが至極まっとうな結果なので、
実はホッとしているんですがね。

映画『僕らのミライへ逆回転』を観てきました。

映画『僕らのミライへ逆回転』を観てきました。

映画『僕らのミライに逆回転』





この映画、各紹介ではコメディジャンルとして紹介されていることが多いようですが、
むしろワシは、『シネマ・パラダイス』に通じる、ハートウォーミングで、
作品だと思いました。

そして何と言っても、映画に対する愛情が伝わってきた作品でした。

前半の、VHSビデオから映画が消えてしまったことによる
作品リメイク(って、リメイクにもなっていないのですが(^^))の場面は
確かに楽しいです。

最初の『ゴーストバスターズ』から始まって、
『ロボコップ』
『ライオン・キング』
『2001年 宇宙の旅』
『ラッシュアワー2』
『ドライビングMissデイジー』
などなど、実に多くのパロディ・・・でなかった、(苦笑)
リメイクの様子が出てきます。


原題の『BE KIND REWIND』は、
『ビデオテープは巻き戻して返却してね』といった意味です。

もちろん舞台が、DVDレンタルが主流な時代に、今なおレンタルビデオ屋として営業を続けている、
建物の取り壊しの為、立ち退きを要求されている店だからというのもありますが、
しかし、『ビデオテープは巻き戻して返却してね』という中に、
次に借りる人のこと、つまり、自分以外の人にも思いやりをもってね。
という意味が隠れているような気がして、
そういう意味でも、現代の世知辛い世の中な今だからこそ、
この映画『僕らのミライへ逆回転』に、温かみを感じられたのかもしれません。

「ポルノ」って堂々と言えるのって違和感を覚えます。

女優の長谷川京子さんとポルノグラフィティのギタリストである新藤晴一さんが入籍したそうな。


まっ、こうした芸能ネタなんてどうでも良いのだが、

しかし、いつもこの「ポルノグラフィティ」というバンド名には

ひかかって仕方が無いのである。


「何でもアリなの?」

って感じがして仕方が無い。


だって、ポルノだよ、ポルノ。


バンド名だと100%わかっていても、

こうした単語が堂々と普段の会話で、

しかも、うら若き乙女(って、これ死語だろうな)でも

平気で言えるってぇのは変でしょ。



「ポルノグラフィティ」の曲はCMでも扱われたりして馴染みがあり

好きなのですが、それ故に、このバンド名には、

由来は何かあるのかもしれませんが、しかし、気になって仕方が無いのです。

社会保険への支払いが20%増になる!!!

今日、事務所に社会保険事務所から毎月の請求が届いた。


封を開けてビックリ!
今回から値上がっていたのだ。


いや、ただ値上がったなら仕方ないと思うが、
20%増には驚いた!


否、驚いたというより、怒りを覚えるのである。


ニュースで不景気な話ばかり流れているが
幸いワシは今まで実感が無かった。


「値上げの前に、本当にお前ら(=お役所)に改善の余地が無いのか?」
という疑念を持っている国民は今や大半だろうけど、
ホント、こうしたことに日頃から関心を寄せて眼を光らせていこうではありませんか

最近、臭いに敏感なんです。

昨日、テレビ東京『ガイアの夜明け』で臭いビジネスについて放送していました。


それにちなんだわけではないですが、(って言うか、放送の方が後ですが)
先週末ワシは薬局で消臭剤を買ってきました。


決してワシは人並み外れた嗅覚を持っている訳ではないと思っていますが、
しかし最近、臭いに敏感になっていて、どうしても我慢できない臭いがあったので。


というのも、仕事先のデスクの横の人が酷く臭いのです。


先月までの人は、くちゃくちゃ音を立てて終日ガムを噛み続ける人間で、
それにも困っていたのですが、今月から人が交代して、
やれやれと思っていたら、今回の人は臭くてたまらないのです。


くちゃくちゃはまだ耳栓して仕事してしのげたが、
臭いのはホント迷惑ですな。
今回よ〜くわかりました。



「あなた、臭いですよ」
とは、さすがのワシも言えないので、結局消臭剤を買ってきて、
これみよがしにデスクの上に置いて防衛しているわけです。


『他人(ひと)の振り見て我が振り直せ』
ワシも他人(ひと)に嫌な思いをさせていないか気をつける
良い機会に恵まれたと思って前向きに考えております。



しかし臭い!
これ、加齢臭なんだと思います。

平々凡々よりもドラマティックを待っている

メジャーリーグベースボールは、タンパベイ・レイズがワールド・シリーズ進出を決めました。


昨年まで、10年のうち9度最下位のリーグお荷物球団だったチームが、
チーム名をデビルレイズからレイズに変えた今年、ついに悲願のリーグ優勝し、
ワールド・シリーズ進出まできたのです。


ここまできたら当然レイズを応援しますよね。
平々凡々よりもドラマティックな刺激的な方が面白いに決まっているから。


海の向こうでは、万年最下位チームがワールドシリーズチャンピオン、
そして日本では、リーグ3位チームの日本シリーズ優勝。


2008年の野球/ベースボールはこれで締めくくってほしいですな。

福井県小浜市のキャラクター『さばトラななちゃん』誕生

自治体がその土地の特色を活かしたキャラクター
(とりわけ最近は"ゆる"キャラですが)を誕生させて、
PR活動の一環として利用するという手法は、
今や常套手段となった感がありますが、
またひとつ新たなキャラクターが誕生したようです。

それは、福井県小浜市のキャラクターで
『さばトラななちゃん』と言います。

さばトラななちゃん







10月11日に小浜市川崎で開催される
「食と文化の交流フェア」で正式デビューし、
今後、福井県小浜市の“鯖のまち”としてのPR活動のために
一役買うそうです。

『さばトラななちゃん』は、地元在住のイラストレーター
あだちなおき氏が市街地に住み着いている実在の雌猫をモデルに
キャラクター化したもので、サバトラと呼ばれる
灰色と黒のシマ模様が特徴となっています。

キャラ設定として、

・基本がお姫様気質のため、
 抱きつかれたりするのが本当は好きではないらしく、
 人間に頼らない誇り高い生き方をしている。

・人間の言葉を理解し、褒められると大喜びするが、
 悪口にはすぐさま反撃。

・おなかにあるポケットには非常食として
 "へしこ鯖"を携帯しているという。

・特技はテーマソングに合わせて踊るダンス。

となっています。

ワシはパッと見、
『じゃりン子チエ』の『小鉄』にダブって見えたのですが、
『さばトラななちゃん』は雌猫で『小鉄』とは股間が違うし(笑)
何てったって額が違うので、やはり違う猫なのでしょう。

じゃりんこチエ、小鉄





(『じゃりン子チエ』の『小鉄』)

今後、着ぐるみでリアルな『さばトラななちゃん』が登場してくると思います。
人気が出るかどうかは、この
"着ぐるみリアルさばトラななちゃん"の出来いかんだと思っています。

まずはその出来を気にしながら
『さばトラななちゃん』のデビューを注目したいと思います。

日本シリーズは3年連続で中日ドラゴンズと北海道日本ハムファイターズの組あわせに期待しています。

プロ野球は現在クライマックス・シリーズ真っ最中ですな。

ワシは日本シリーズは、
3年連続で中日ドラゴンズと北海道日本ハムファイターズの組あわせに期待しています。

2006年は共にリーグ優勝と、文字通りの日本シリーズ、
2007年は中日ドラゴンズがリーグ2位ながら日本シリーズに進出しての日本一。
そして今年両チームが日本シリーズに進出したら、共にリーグ3位だったので
史上初のリーグ3位ながらの日本一達成となります。

だから3年連続の同じ顔合わせになりますが、
今年こそ中日ドラゴンズと北海道日本ハムファイターズの組あわせに期待しているのです。

そしてその組合わせになったら、いよいよ"日本シリーズ"の価値感が変わりますよね。

実はソレが狙いなのですがね。

2005年から、日本シリーズの後に、さらにアジアシリーズというのが開催されていますが、
名前から言えば

アジアシリーズ>日本シリーズ>リーグ優勝

のハズですが、今の価値観は間違いなく

リーグ優勝>日本シリーズ>アジアシリーズ

となっている矛盾を改めて検証してほしいのです。

"名ばかり管理職"っていうのが話題になりましたが、
"名ばかり日本一"
"名ばかりアジアチャンピオン"
じゃあ、それぞれのシリーズをやっている意味がないですからね。

中日ドラゴンズ森野選手のホームラン

映画『最後の初恋』を観てきました。

映画『最後の初恋』を観てきました。

映画『最後の初恋』









ダイアン・レインとリチャード・ギア主演の恋愛映画
これだけで観に行くという人、少なくないと思います。

そして、少なくともワシには、期待以上にいろいろ得るものが多かった
有意義な作品だったと言えます。

一番心揺り動かされたのは、
リチャード・ギア演じる外科医が手術中に亡くなってしまった女性の夫が
リチャード・ギア演じる外科医に語る妻への想いのシーンです。

今までわがままを言ったことが無い妻が、頬の腫れ物除去手術をしたいと言ったこと。
それは、夫のためにキレイになりたいという、妻の想いから。
夫はその腫れ物なんか気にしていなかったが、手術を受けさせることを許可し
そして、術中の事故により、その最愛の妻を亡くしてしまったこと。

このシーンは、短く、語りも淡々としていますが、しかし、この映画の中で
一番"愛情"というものは何ぞや?ということを明快に示している場面です。

ここだけでも必見の映画だと言えます。



それにしても、確かにリチャード・ギアが演じる外科医は
ダイアン・レイン演じる主婦に再生されましたが、
しかしこの『最後の初恋』の主役はダイアン・レイン演じる主婦の方だったように
思えます。

思えば個人的に、ダイアン・レインとは同じ年齢くらいで、
昔の『ストリート・オブ・ファイア』や『コットン・クラブ』とか、
マット・ディロンとの数々の競演作など、ずっとリアルタイムで観てきましたが、
その当時の彼女より、今の彼女の方がずっと魅力的です。

20代の頃より、40代の今のダイアン・レインの方がずっと惹かれます。

そうした彼女の最近の代表作として、ワシはこの『最後の初恋』と
それからコレはワシの一押しである『トスカーナの休日』を
ぜひお勧めいたします。

気になるニュースを見ました。

北極圏の気温が記録的な水準にまで上昇しているとの報告書を発表した。
海氷の消失などが原因ということらしいです。

今回発表されたところによると、
北極圏の気温は、通常の水準を5度ほど上回ったそうです。

北極圏の海氷は今夏、観測史上2番目に小さい面積に減ったという発表もありました。


急激なスピードで温暖化が進んでいるのです。


原因は人間。
しかし、地球温暖化を食い止められるのも人間だと思います。


しかし何ができるんだろう・・・
こけももさん4コマ
映画情報
だいたい時計
最新コメント
最近のトラックバック
印象に残る保険会社のCM (名古屋の映画好き社長のblog −「映画観てる?映画を観れば幸せになれる!」−)
今日は郡上までドライブに
『パーフェクト・ストレンジャー』も悲劇の男のお話 (名古屋の映画好き社長のblog −「映画観てる?映画を観れば幸せになれる!」−)
一番怖い映画『ウィッカーマン』
MINI COOPER WORKS
フレッツ、ココがいいんです
カウンタ
謝り美人

ダイアリー・オブ・ザ・デッド
人文字時計
赤い糸
秘書
iQ
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
ただ今の時間は...
デル株式会社
映画サウンドトラック
ジョニー・デップ
トム・クルーズ
トム・ハンクス
ティム・バートン
スティーブン・スピルバーグ
ブラッド・ピット
クリント・イーストウッド
ブルース・ウィリス



  • ライブドアブログ